投稿日: コメントを残す

30代男性がパートナーエージェントに入会するためには

独身生活が長いと、結婚願望が強くなってきませんが?そういう僕が一番結婚願望が強いかもしれません。1人で出会いを求めても効率が悪いし、何しろドラマのような出会いが日常生活に転がっていませんよね。

そんな30代の僕にとっての救世主はパートナーエージェントという婚活支援サービスです!パートナーエージェントは成婚率が高い事で有名みたいなので、こんな僕でも入会できるのか調べてみました。

パートナーエージェントへの入会条件

そもそもパートナーエージェントへの入会条件、資格はあるのでしょうか?これについては公式HPに掲載されていました!

  • 年齢 男性 :22歳~54歳前後  女性:20歳~44歳前後
  • 仕事・収入 :男性においては、定職に就いていて一定以上の収入がある方、 個人事業主・フリーランスでの就業もしくは業務受託契約を結んでいる方など
  • 婚歴    :法律上独身者または、婚約者ならびに同棲関係を含む事実上の婚姻関係のない方

年齢については、男性が54歳までと結構幅がありますね!僕は30代なのでこの項目はクリアしています!女性は44歳までの入会条件なので僕と同性代の女性の方がご紹介される可能性が高いです♪

仕事・収入条件はちょっと気になる所があって、一定以上の収入がある方っていう事はアルバイトではさすがに難しいということでしょうね。ある程度の収入がないと月額利用料金を払うのも大変なので、収入に余裕がないとパートナーエージェントに入会するのは厳しいと思います。

その点、女性は料金さえ支払う事ができれば、フリーターでも問題ないってことです。パートナーエージェントは結構、女性に優しく、男性に厳しいんですね(笑)

婚歴をじっと見つめると、入会時に独身であればOKっていう事なんで、バツイチやシングルマザーでも入会は認められているようですね♪ちなみに僕は30数年間独身貴族でもあります(汗)

入会までの流れ

続いてパートナーエージェントに入会するまでの流れを説明します。

①EQアセスメントテストに合格する

いきなりテストかよ!という声が聞こえてきそうですが、この診断テストに合格しないとパートナーエージェントに入会できません。といっても本人が婚活に向けて活動出来る状態かを判断する重要なテストなんです。大学入試の問題とかではないのでご安心を(笑)

婚活は心も体力も充実していないと結果がでません。テストを受ける事で問題なく婚活をやり遂げるかが数値化されます。ここまで入会時に行っているのはパートナーエージェント以外にはありません!

②個別相談、婚活アビリティ診断

最後に婚活に対する悩みや、好みのタイプ、相手に望む条件を話し、今後の活動プランを立ててくれます。自分では引き出せないお相手の理想像を担当者と一緒に考えていきます。

女性のタイプっていってもなかなか具体的に言えない人が多いのではないでしょうか?芸能人に例えてもいいとは思いますがパートナーエージェントではさらに突っ込んで数値化していくのです。ここで相手の年収や学歴、再婚でも問題ないかといった事を決めていきます。

ここで一つアドバイス!あまり細かく絞ってしまうと紹介できるパートナーが少なくなってしまいます!ある程度許容できる所は幅を広げ、譲れない部分はハッキリと主張しましょう♪

ちなみに僕の譲れない条件はタバコを吸う女性ですかね。僕もタバコを吸わないので、タバコを吸わない女性であれば年齢などは問いません!

同時に自己紹介文章を担当者と一緒に考えていきます。相手へのアピールだからといって話を盛るのは厳禁です!一応専属のアカウントエグゼクティブがしっかりと目を通しているので、嘘やごまかしは通用しません!

個別面談で自分の性格や仕事内容の詳細、休日は何をしているかといった事が自己紹介として使われるのでしっかりと伝えるようにしましょう。

その後、サービス内容の確認を行い、今後活動出来そうなプラン、コースを選択してようやく入会となります!

③入会書類の提出

いよいよ入会となる時に入会する為の書類が必要となります。必要なものはこちらになります。

  • 本人とわかる書類(パスポート、運転免許証)
  • 本人の写真
  • 収入証明書(源泉徴収票など)
  • 最終学歴がわかる書類(卒業証明書など)
  • 独身証明書(市長区役所で発行)
  • 職業の資格がわかる書類

これらは実際に本人かどうか確かめる書類ばかりですね。唯一、独身証明書というものが気になりませんか?この証明書、独身からしてみたらちょっと恥ずかしい書類かもしれません。

しかし区役所で発行される証明書なんです!ある意味結婚したら手に入れる事のできないものですよね(笑)入会時に全て必要なので忘れずに持参しましょう。書類に間違いがなければサービス内容の確認、自分にあったコースの選択を行ってようやく入会となります♪

入会の値段が気になる方はこちら

パートナーエージェントを退会する方法

パートナーエージェントに入会したら、最終ゴールは2つあります。一つは成婚退会する、もう一つは、中途退会となります。サッカーで例えたら、パートナーのハートを射止めるという勝利か、オウンゴールで途中退場!かになります(笑)

ここではパートナーエージェントの成婚退会と中途退会の方法をご紹介しますね。

①パートナーエージェントを成婚退会する

成婚退会って独身の僕には聞きなれない言葉なんですが、結婚相談所によって意味合いが違うようです。パートナーエージェントの場合、成婚退会はお相手同士がカップルとなった時点の事を指します。

成婚退会になると2人揃って、パートナーエージェントの店舗に出向きます。この際、所属の店舗が違う場合はどちらかの店舗を決めれば問題ありません。店舗では2人のコンシェルジュによる退会の手続きが始まります。

アンケートへ記入

ここでは成婚に至ったアンケ―トを記入していきます。お互いに成婚に至った経緯を書いていく事になります。ちょっと想像しただけでも顔がニヤ付きそうなるのって僕だけですか?

後は、活動中の気持ちであったり、初対面の時の印象、その後の気持ちの移り変わりなんかも記入していきます。おそらく一番好き同士の状態なのでこのアンケートは僕もスラスラ書けると思います(笑)

アニバーサリークラブの説明を受ける

アンケートが終わると、結婚準備に向けての説明を受けます。普通は退会したら結婚相談所の役割は終わりだと思いませんか?でもパートナーエージェントは成婚退会後もアニバーサリークラブという結婚までの準備や結婚指輪、保険に至るまでサポートしてくれるサービスがあるんです!

面倒くさがりの僕にはピッタリのサービスと思ってしまいました♪このアフターサービスが終わったらパートナーエージェントでのフィナーレが待ち受けています。

スタッフ総出の見送りでハッピーエンド♪

パートナーエージェント名物の結婚行進曲が流れて、手を繋いでスタッフ総出で見送られます!僕はちょっと恥ずかしいのでこれだけはイヤかなと思っていました。でも調べてみたら、この派手な見送りはお断りできるようですね♪

補足:成婚退会料として50,000円支払う

パートナーエージェントでは成婚退会料として50,000円支払う義務があります。高額に見えますが、他の結婚相談所と比べると安い金額設定です。結婚のご祝儀と今までのサポートしてもらった感謝の気持ちを込めてお支払いしましょう♪

②中途退会する方法

婚活に向けて頑張ってきたものの、途中で気持ちが折れてしまった、仕事や病気などで一時的に婚活を諦めざるを得なくなった時は退会の選択をしなければなりません。

ちなみにパートナーエージェントには休会という制度がありません。その理由として、パートナーエージェントでは、入会して1年以内の成婚退会を目指すためです!

逆に言えば、会員の全てが真剣に婚活に向けて活動しているという事ですね☆そうはいってもここでは退会する方法なのでその手続きを紹介します。

コンシェルジュに退会の申し出をする

今まで二人三脚で足並みをそろえてきたコンシェルジュに退会の申し出をすれば、もう一度頑張ってみるか、意思確認をされるはずです。新たな気持ちで活動再開できるか、最後に自分の気持ちを見直してみる事も必要です。一呼吸開けてもいいので将来を見据えてじっくり考えてみましょう。

退会書類を提出する

話し合いの元、退会が確定したら、ネットか書面での退会書類を提出します。ネットで退会するのが一番手っ取り早く、マイページから必要事項を入力するだけでOKです!

中途退会には解約料金がかかる

中途退会してしまうと解約料金として20,000円を支払わないといけません。退会時に聞いたら驚きますが、今こうして退会の金額を知ったので大丈夫ですよね。中途退会は最後の手段ですから、僕もなるべくならこの選択はしたくないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です